【糖尿病】初期症状チェック!簡単で効果的な予防方法も紹介!

糖尿病 症状

糖尿病とは生活習慣病の一つで、インスリン不足や機能不全のせいでブドウ糖をうまく取り入れられず、血糖値が上昇してしまいます。

 

その結果、全身の様々な部位に、いろいろな障害が出てきます。

 

症状が進行すると命にかかわることもあるため、症状の早期発見と予防に努めることが重要です。

 

インスリンと糖尿病の関係

インスリンは、血液中のブドウ糖を体の隅々に送り込み、エネルギーなどに変化させる働きをします。
それを通して、食後に血糖が上昇しないように調節してくれるホルモンです。

 

インスリンがうまく作用しないと、ブドウ糖が細胞にうまく運ばれず、血液中にブドウ糖があふれてしまいます。
その結果、血糖値が上昇し、糖尿病になってしまいます。

 

糖尿病の早期発見のために

糖尿病 症状

糖尿病の早期発見のためには、まずは糖尿病の初期症状を知ってチェックすることが必要です。

 

ただし、糖尿病は初期症状が感じられないことがほとんどで、健康診断を受けて指摘され気が付くということが多い疾患です。

 

後で詳しく触れますが、代表的な初期症状は、

以上に喉が渇く、水分摂取過多、トイレが近い、体重減少、疲れやすい

などがあげられます。

 

ただ、これらの自覚症状に気が付いた時には、すでに病気がかなり進行してしまっていることもあり、合併症の症状も現れ始めたりもします。
これが、糖尿病が「サイレントキラー」とも呼ばれている理由です。

 

そして糖尿病が怖いのは、いつの間にか進行していることだけではなく、初期の自覚症状を放置すると、合併症として以下のような病気を誘発してしまうことです。

 

  • 網膜症・腎症・神経症などの3大合併症
  • 動脈硬化・脳梗塞・心筋梗塞・抹消動脈性疾患など

 

こういった合併症のため、人工透析を必要としたり、下肢に壊死を起こし切断となってしまったり、最悪は死に至るケースも出てくることもあります。

 

健康診断などで血糖値に関する数値を継続的に計測するのが望ましいです。

 

それが難しい場合にも、重篤なケースに至らないようにするため、初期症状のセルフチェックは必要です。
自分でチェックできるものがいくつかありますので、できるだけチェックしておきましょう。

 

糖尿病の初期症状チェック

糖尿病 症状

以下のような症状がある場合には、糖尿病の初期症状の可能性もあります。
もちろん、そうでない場合もありますが、初期症状をチェックする一つの指標になります。

 

異様な喉の渇き(それに伴う尿量や排尿回数の増加)

異様な喉の渇きは、糖尿病の初期症状の中でも代表的なものです。
高くなった血糖値を緩和させるために、体が水分を欲します。

 

水分を補給しているのにやけに喉が渇いたり、尿の量が増えてトイレの回数が増えている場合は、注意が必要です。

食べているのに体重が減少

インスリン不足で糖分をエネルギーに変えることができないため、しっかりと食事をとっているにもかかわらず痩せてくることがあります。

疲れやすさ、だるさ、立ちくらみ、むくみ

疲れやすかったり、だるい状態が続く場合も、注意が必要です。
エネルギーが行き届かず、疲れやすくなったりします。

 

また、立ちくらみやむくみ、手足のしびれなどの症状にも注意してください。

尿の状態の変化

糖尿病になると、尿中に糖が検出されるようになります。
また、合併症として腎症にもなっている場合、尿に蛋白が排出され、便器の中で泡立ちやすいという特徴もあります。

 

合併症で動脈硬化の可能性がある場合は、血尿が見られる場合もあります。

皮膚トラブル

糖尿病になると、免疫力が低下し、皮膚トラブルが多くなります。
なかなか判断が難しいですが、原因不明で肌トラブルが起こった際に、実は糖尿病が原因だったというケースも多いです。

 

初期症状がほとんどないので、こういった病気になって初めて気がつくという人も珍しくありません。

 

しかし毎日の生活の中でちょっとした変化が起こっている可能性があるので、それを見逃さないようにチェックして、不安な時には早めに病院で血液検査をしてもらうことが大切です。

 

糖尿病の予防方法

糖尿病 症状

糖尿病は、初期症状の段階で発見することがとても大事です。
また、予防することもかなり重要です。

 

具体的な予防方法について、分かりやすく解説します。

 

食生活の改善

糖尿病の予防は、これに尽きると言ってもいいくらい大事なことです。

 

まずは食べすぎないこと。
そして、ゆっくりと時間をかけて食事をすることです。

 

また、糖分の吸収が穏やかになるように、野菜や海藻類から摂取するのも、予防として効果的です。

適度な運動

適度な運動をして血液中の糖分を消費してあげることも大切です。
食後に運動習慣を持つと良いでしょう。

 

特に有酸素運動は糖分を消費するだけでなく、代謝も良くして血液の流れも良くしてくれるので、効果的に血糖値を下げることができます。

糖尿病予防サプリメントの摂取

糖尿病を予防するためのサプリメントあり、食生活の改善や運動などがなかなかできない方には、非常に効果的です。

 

サプリメントは大きく分けて以下の2つのタイプがあります。

  • 食事からの糖の吸収を穏やかにするタイプ
  • 体内の糖を消費するタイプ

 

どちらも効果的に予防できますが、「食事からの糖の吸収を穏やかにするタイプ」は食前に飲む必要がありますが、「体内の糖を消費するタイプ」だと飲む時間を選ばないので、そちらが特にオススメです。

 

体内の糖を消費するタイプのサプリは、「糖ダウン」、「ハイサラシア」が有名です。

 

>>糖ダウンの最安値通販

 

>>ハイサラシアの最安値通販

 

糖尿病は予防が大事ですし、初期の段階であれば薬を服用しなくても、血糖値を下げることで改善することもできます。

 

血糖値が上がりすぎないように、日頃から予防に力を入れておきましょう。